トップへ » 当院が選ばれる理由・治療の流れ » インプラントメインテナンス » "インプラントの修理"で、さらに長持ちさせる

"インプラントの修理"で、さらに長持ちさせる

インプラントの修理で、さらに長持ちさせる「インプラントが壊れてしまった」。そうなると歯科医院へ行くしかありません。しかしここで大きな問題が生じることがあります。

A社という会社のインプラントを使用していたとして、もしもその会社が製造をやめてしまっていたら修理は不可能、というのが一般的です。なぜならインプラントを埋入するための専用ツールがあり、それがなければ修理することができないとされているからです。

また、インプラント治療はかなりのスピードで進歩し続けています。いつまでも何十年も前の様式のままである可能性のほうが低いでしょう。そのため「信頼できる会社のインプラントを採用している」と謳っている歯科医院もありますが、それでは患者さまは不安でインプラント治療を受けることができません。

たとえば数十年昔のテレビがあったとします。映らなくなったので修理をお願いしたら「もう部品を製造していないので修理はできません」と言われることがほとんどでしょう。テレビならあきらめて買い換えることもできるでしょうが、インプラントは大切な身体の一部です。そう簡単に"お取替え"というわけにはいきません。

当院では多くの患者さまのインプラントの再治療の実績がある院長、松井新吾がインプラントの修理をおこなっています。

メーカーやバージョンが異なる場合でも、その患者さまの症状やお口の状態に合った修理を行いますので「そのインプラントの修理は難しい」と言われた方も一度ご来院ください。
 


トップへ » 当院が選ばれる理由・治療の流れ » インプラントメインテナンス » "インプラントの修理"で、さらに長持ちさせる


コールバック予約