トップへ » 当院が選ばれる理由・治療の流れ » インプラントメインテナンス » 長持ちさせるためにはメインテナンスが大切

長持ちさせるためにはメインテナンスが大切

長持ちさせるためにはメインテナンスが大切「インプラントは半永久的に持つ」「むし歯にならない」といわれているインプラントですが、一度インプラントをいれたから、もう大丈夫というわけではありません。

インプラントを長持ちさせるためには定期的にメインテナンスを受ける必要があります。当院では他の医院でインプラント治療をおこなった方のメインテナンスも積極的におこなっています。

上部構造体がすり減ってきたら早めに交換
インプラントは骨に埋まっているフィクスチャー、フィクスチャーとつながる土台(アバット)、上部構造体の3つで構成されています。上部構造体は天然歯や他の被せ物と同じようにすり減ることがあります。すり減ったら上部構造体の部分だけを交換することができますので、早めに取り替えて正しく噛める状態を維持しましょう。

インプラント周囲炎を防ぐ
インプラントは人工の歯根と上部構造体で形成されているのでむし歯にはなりませんが、手入れが不十分だとインプラント周囲炎になる可能性があります。これは天然歯でいうところの歯周病と似ています。

細菌の塊であるプラークはインプラントを支えている歯槽骨を破壊し、やがてインプラントが脱落してしまいます。人工物であるインプラントには神経がないため、初期での自覚症状がないのが特徴で気がついたらグラグラになっていた、ということも少なくありません。そうならないためにも定期的にメインテナンスを受けてインプラント周囲炎を防ぐ必要があります。

噛み合わせの細かいチェック
私たちの日常生活と健康、歯の噛み合わせは深い結びつきがあります。たとえば、力を入れたりストレスを感じて無意識のうちに歯を食いしばったり、就寝中の歯ぎしりも噛み合わせに大きな影響を与えます。歯や歯周組織、顎関節に過度な力がかかり、ダメージが蓄積されていくと歯がすり減ったりグラグラして噛み合わせが悪くなります。

こうした噛み合わせの変化は、インプラントのダメージにつながる可能性があります。メインテナンスで噛み合わせの細かいチェックを行い、インプラントが正常に機能できているかどうかを確認し、わずかでも問題があれば咬合調整やインプラントの調整などを行います。

※歯ぎしりが見られる場合はナイトガード装着などの処置をおこなう必要があります。
 


トップへ » 当院が選ばれる理由・治療の流れ » インプラントメインテナンス » 長持ちさせるためにはメインテナンスが大切


コールバック予約