トップへ » 当院が選ばれる理由・治療の流れ » 一般歯科

痛みの少ないむし歯治療

痛みの少ないむし歯治療

"歯を削られるのはイヤだ""治療するのは痛い"そんな不安から、むし歯をそのまま放置している方はいませんか?どうぞ、ご安心ください。当院では、「なるべく抜かない・痛くない」をモットーに、患者さまへの負担が少ない歯科治療をおこなっています。

このページでは、当院のむし歯治療についてご紹介いたします。

<当院のむし歯治療の特徴>
なるべく抜かない。健康な歯をできるだけ残す
【2段階麻酔】 痛みの少ない治療方法
【ディアグノデント】 むし歯の状態を正確に知る

知っていますか?むし歯の進行と一般的な治療方法
 

なるべく抜かない。健康な歯をできるだけ残す

なるべく抜かない。健康な歯をできるだけ残す当院では健康な歯をできるだけ残す「ミニマルインターベンション=MI治療」を採用しています。ミニマルインターベンションとはMinimal Intervention(最小限の侵襲)の略で、むし歯の部分だけを正確に除去しよう、という考え方のことです。

通常の歯科治療ではむし歯があると、予防のためにむし歯になりやすい健康な部分まで除去したり、神経に近く治療後に痛みが出る可能性がある場合は神経を取る治療をおこないます。これは治療した歯が再びむし歯になったり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるためにおこなうものです。

しかし、神経を取った歯は健康な歯に比べて歯質が弱くなります。当院では、ミニマルインターベンションでむし歯に侵されてしまっている部分だけを慎重に除去するので、歯の負担を減らしたり、神経を取らずに治療することで歯の寿命を延ばすことができます。
 

【2段階麻酔】 痛みの少ない治療方法

【2段階麻酔】 痛みの少ない治療方法治療では痛みを抑えるために麻酔を使用することがあります。しかし「麻酔そのものが痛い」という経験をして歯科医院に通うのが苦痛になってしまった、という話を耳にすることがあります。「口腔内という敏感な部分に針を刺すのだから痛くて当たり前」では本末転倒です。

当院ではまず麻酔を打つ前に、表面麻酔を施します。表面麻酔は歯肉の表面にジェル状の薬(使用する薬剤によって異なります)を塗り、知覚を麻痺させるもので、針を刺したときのチクっとした痛みをやわらげる効果があります。

表面麻酔が充分に効いてから麻酔をします。針は痛みを最小限に抑える極細の針を使用。麻酔薬が冷えていると体内に入ったとき痛みを感じやすいので、体温程度(約37℃)にあたためてから注入します。
 

【ディアグノデント】 むし歯の状態を正確に知る

【ディアグノデント】 むし歯の状態を正確に知るディアグノデントとは、むし歯に侵された歯から発せられる光を読み取って、むし歯の状態を数字で表すことができる専用の装置です。特にお子さまの初期むし歯場合、判断が困難な場合があります。そんなときこの装置を使うことで、処理が必要かどうか?を正確に判断することができます。
ディアグノデントまた、ディアグノデントを使えば隠れたむし歯を発見し、予防することができます。他にも、むし歯だけを正確に判別し除去できるので、歯の保存につながります。
 

知っていますか?むし歯の進行と一般的な治療方法

むし歯の進行◆CO(CariesObservationシーオー:初期むし歯)
穴があいたり、黒くなっている状態ではありませんが、歯が溶け始めてむし歯が始まっている状態です。この段階であれば、フッ素入りの歯磨き粉を用いて歯みがきをしっかりおこなうことで、再石灰化させることが可能です。

むし歯の進行2◆C1(エナメル質う触)
むし歯が歯の表面を覆っているエナメル質を溶かして小さな穴ができた状態です。象牙質に達していないので痛みはありません。

この状態の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状がありません。これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。保険適用内の白い詰め物をすることで治療が完了します。

むし歯の進行3◆C2(象牙質う触)
むし歯がエナメル質の下の象牙質まで進んでいるので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。

痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。むし歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了します。

しかし、むし歯が内部で大きく広がっている場合は麻酔をしてむし歯の除去をおこない、形を整えます。その後、型をとり、詰め物を作成して装着します。詰め物の種類は保険適用の場合は金属(金銀パラジウム合金など)になります。

むし歯の進行4◆C3(神経まで達したう触)
むし歯がエナメル質、象牙質の下の神経まで達しています。激しい痛みを感じる場合が多く、神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯茎が大きく腫れたりします。

治療は麻酔をして根管治療を行ないます。神経を取り除いて根の中をきれいにしてから詰め物をします。根管治療を途中でやめてしまうと症状が悪化してしまいますので、間を開けずに治療に通うようにしましょう。

むし歯の進行5◆C4(残根状態)
歯のほとんどが崩壊して根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療をおこなってから、被せ物をします。症状によっては抜歯しなければならないことがあります。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由・治療の流れ一般歯科予防歯科
審美歯科インプラントメインテナンス入れ歯治療
よくあるご質問料金表医療費控除

【インプラント】【入れ歯】 カウンセリングを行っています

【インプラント】【入れ歯】 カウンセリングを行っています


トップへ » 当院が選ばれる理由・治療の流れ » 一般歯科


コールバック予約