«  2012年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« インプラント治療に必要な材料は日進月歩? 茅ヶ崎市 松井歯科医院 | メイン | 茅ヶ崎市トータルフィットネス事業に向けて 茅ヶ崎市 松井歯科医院 »

2011年4月20日

松井新吾です。

いろいろな理由で歯を失うことがあります。その時、口腔内や全身に少なからず影響があります。


口腔内感覚は48時間程度の時間をかけ、変化に対応していきます。

かみ合わせだったり、嚥下方法だったり、発音だったり、ありとあらゆる感覚が対応していきます。

この対応が積み重なり、気がついた時には違った問題を引き起こしていきます。

歯を失ったということを体が受け入れ、これに対し順応して行く。この順応は明日の生活には一番必要なことです。

しかし、長い人生の中では不利益なことがほとんどを占めます。


歯を失った時、隙間を埋める目的の欠損補綴治療は歯を失ったばかりのときには意味があります。小さな順応という不利益を早期に取り除くことができます。

歯を失ってから時間が経ってしまった隙間や、感覚の中心的な歯や仕事率の高い歯が失われた時、隙間を埋めるような治療は望ましくありません。

審美として歯があるように見せることはできても、かみ合わせの重心の確立や嚥下機能の維持にはつながりません。


このときは、設計図を用いた考えられた治療が必要です。


このように患者さん自身の失われた歯の特徴によって、必要な治療内容が本来は変化するはずです。

歯を失ったときに、歯に変わる人工的な歯を作るのは、長期的に考えて体にとって不利益な順応を止め、正しい方向に修正していくためです。

歯を失った時、我々はしっかりとした設計図を作成し、隙間を埋めるような治療をしないことが大切です。


大事な歯を失ったわけですから、これ以上違うものをできるだけ失わないことが重要です。


考えられた補綴装置を目指す松井歯科医院に興味のある方はこちらから
http://www.matsui-shika.jp/

次回、隙間を埋める治療 義歯とブリッジとインプラントと

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
松井歯科医院

松井歯科医院公式サイトはこちら

当院は先代より数えて約50年、地域に根ざした歯科医院として歯科治療を続け、早くも半世紀が過ぎました。お陰さまで親子三代に渡るおつきあいや、遠方よりご来医院くださる患者さまなど多くの患者さまの歯の健康をお守りさせていただいております。