«  2012年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 入れ歯? インプラント?迷っている方 相談してみてください 茅ヶ崎市松井歯科医院 | メイン | ノロウイルス対策 茅ヶ崎市松井歯科医院 »

2010年12月15日

松井新吾です。

さて、インプラントがこのままではいけないという状態になった時、そのインプラントが脱落するその日まで放置しておくことはできません。

インプラントそのものを除去する必要があることもありますし、外科的に保存処置をおこない再度利用できるようにしたりと、いよいよというときはこのような決断を迫られます。

インプラントを埋入してくれる歯科医院は現在どこにでもあるような気がしますが、除去手術や保存手術を行える歯科医院はほとんどないと思います。除去や保存手術は同じインプラント治療でも別スキルだからです。

さらに、10年インプラント治療していても自分のケースで除去となったケースはわずか2ケースですから、ふつうにインプラント治療をしていれば必要となるスキルではありません。

ですが、インプラント治療をおこなう診療室が増えたことによって、各診療室に10年で2ケースずつ除去のケースがあると、除去手術や保存手術をできる診療室が足りません。

現に、除去や保存手術が必要でも、自分の診療室で対応できないということで、松井歯科医院に除去や保存を希望されて来院されるケースも増えつつあります。

それだけインプラント治療が普及してきたということですが、寿命を全うしようとしているインプラントの対応するスキルの普及が遅れているように思われます。

インプラントの除去や保存処置のスキルも埋入のスキルと同じように普及することにより、どこでもより安全な歯科治療が行われることを願います。

松井歯科医院に興味のある方はこちらのホームページへ
http://www.matsui-shika.jp/

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
松井歯科医院

松井歯科医院公式サイトはこちら

当院は先代より数えて約50年、地域に根ざした歯科医院として歯科治療を続け、早くも半世紀が過ぎました。お陰さまで親子三代に渡るおつきあいや、遠方よりご来医院くださる患者さまなど多くの患者さまの歯の健康をお守りさせていただいております。