«  2010年12月18日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年12月18日

松井新吾です。

さて、子供たちも冬休み!なんとなく口の中に食べ物を入れている時間が一気に伸びる冬休みです

虫歯になりやすいと言いたいところですが、今日のテーマは窒息死についてです。現在、日本の窒息死数は急増しており、気がつけば、交通事故死よりも多くなりました。

日本人の窒息死はやはりお餅が一番多いですが、その他に、葉物の野菜・乾燥した豆・海藻類・パンなどです。

かむ・飲み込むは生まれながらに持っている機能ではなく、学習によって身に着くものです。

見て、真似して、自分なりに考え、機能を習得し成長をします。最近は、見て、真似をする環境がないので、かむ・飲み込むの機能が低下しています。

食べ物をよくかみ、唾液と混和することによりスムーズに嚥下できるわけですが、この唾液との混和がよくできないために嚥下できず詰まってしまうわけです。

歯科医師会ではカミング30という取り組みで、この嚥下機能の低下した人たちにスムーズな嚥下をおこなうための指導や知識の普及活動をしています。

窒息死を防ぐ第一歩は子供の前で、子供と一緒に、大人が食事をするということです。

家でもそうですが、子供の食事のときに大人が席について食事をとるというのはかなり難しいことではありますが、これが、一番の予防になり、正常な咀嚼・嚥下機能を成熟させる近道です。

偉そうに言っていますが、自分もこれが難しいことは理解しています。
みなさんも取り組んでみてください。

いつのまにか子供の患者さんもいっぱいの松井歯科医院に興味のある方はこちらから
http://www.matsui-shika.jp/

« 2010年12月17日 | メイン | 2010年12月20日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
松井歯科医院

松井歯科医院公式サイトはこちら

当院は先代より数えて約50年、地域に根ざした歯科医院として歯科治療を続け、早くも半世紀が過ぎました。お陰さまで親子三代に渡るおつきあいや、遠方よりご来医院くださる患者さまなど多くの患者さまの歯の健康をお守りさせていただいております。