«  2010年12月14日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年12月14日

松井新吾です。

インプラント治療は現在、なんとなくなら患者さんに知られた治療法であることは間違いありません。

このインプラント治療とは適応症があり、決して多くの人に提供できるものではないのですが、適応し治療した方たちは、生活が激変します。食生活が変わるからです。
ものすごく有効な治療法の一つです。

では、入れ歯の場合はどうでしょうか?
取り外しがあるという精神的な苦痛・入れ歯を入れていないときの一気に老けこんだ自分の顔とよくないイメージが思い浮かびます。

義歯にも義歯に適したケースとそうでないケースが存在します。適さないケースでもいままでは入れ歯しか方法がなく入れ歯で苦しんだ患者さんも少なくはないでしょう。

ですが、インプラントと同じくらい費用と時間をかけたなら、食生活という面において同じくらいの効果を発揮します。むしろ、インプラントより費用は安く済みますし、外科処置はありませんので、いろいろな意味でリスクが少ないのです。

それでも、取り外しというのが一番いやなデメリットではないでしょうか?
その欠点でさえ、自分が介護される側に回ればきちっと清潔にしてもらえる利点に変わります。

保険の安くできる義歯と自費治療でお金と時間をかけたインプラントを同列で比較するのは無理な話です。

義歯のほうにも保険外のテクニックや材料の自由を与えてくれないと、インプラント治療のほうが、圧倒的にいい治療ということになってしまいます。

しかし、同じ自費治療の条件であれば、患者さんの現在の状態によって入れ歯治療のほうが一番いい治療法は変わる可能性は高いです。

インプラントセンターってたくさんありますよね。一番、患者にあったインプラントを提供しているかもしれません。でも、一番あなたに合っているものはインプラントなのでしょうか?

選択肢はもっと大きな範囲の中から選ぶべきものだと思います。

わたしは、自費の治療としてインプラントも入れ歯も症例数として差があまりありません。
患者さんの歯がないところを機能回復させる引き出しの一つが、インプラントであり入れ歯です。

どの治療法を選ぶにしても、検査をしっかりして診断をすることが最も大切です。

この治療法が一番よいということはありません。
検査と相談であなたに一番合った治療法を選択してください。

こんな歯科医院に興味のある人は下のホームページから
http://www.matsui-shika.jp/

« 2010年12月13日 | メイン | 2010年12月15日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
松井歯科医院

松井歯科医院公式サイトはこちら

当院は先代より数えて約50年、地域に根ざした歯科医院として歯科治療を続け、早くも半世紀が過ぎました。お陰さまで親子三代に渡るおつきあいや、遠方よりご来医院くださる患者さまなど多くの患者さまの歯の健康をお守りさせていただいております。