«  2012年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« セレックシステムを使った治療法 セレック治療を希望されるなら茅ヶ崎市松井歯科医院 | メイン | 歯科衛生士学校の講義  学校教育も大切!茅ヶ崎市松井歯科医院 »

2010年11月17日

松井新吾です。

2年ぶりに論文を提出しました。

学術の追求が好きな私は、歯科補綴学会や日本口腔インプラント学会を中心に機能的な咬合の模索という研究テーマで、いくつかの論文を提出しています。

学会誌に掲載されるのは2年ぶりです。
少しさぼってしまいました・・・・

天然歯・さし歯・入れ歯・インプラントそれぞれかみ合わせ方が違います。
また、組み合わせによっても方法が違います。

組み合わせと機能的な咀嚼運動の模索をおこない、患者適正顎位を理論的に決定していきます。

少し詳しく・・・
解剖学的(形態学的な)理想の咬合と、機能学的(生理学的な)理想の咬合と心理的な(患者の感覚優先)咬合とのバランスの中で、どのようにすれば、患者さん自身が長期的にQOL(生活の質)を高水準に維持できるかを研究のテーマにしています。

簡単にいえば、かみ合わせにこだわり、少しうんちくがあります。

詳しく知りたい方はこちらまで
http://www.matsui-shika.jp/

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
松井歯科医院

松井歯科医院公式サイトはこちら

当院は先代より数えて約50年、地域に根ざした歯科医院として歯科治療を続け、早くも半世紀が過ぎました。お陰さまで親子三代に渡るおつきあいや、遠方よりご来医院くださる患者さまなど多くの患者さまの歯の健康をお守りさせていただいております。