«  2012年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 院内技工って知ってます? 院内技工室がある・技工士がいる松井歯科医院 | メイン | セレックシステムを使った治療法 セレック治療を希望されるなら茅ヶ崎市松井歯科医院 »

2010年11月10日

松井新吾です。

以前お話ししたペンギンマークのホシザキの水のお話です。
『食品などを水で洗う』この分野において、最高の技術を誇るメーカーです。

医療はまだまだ水に対する考え方が遅れています。

ですから、薬液に頼ってしまう傾向にあります。最近ではアレルギーなども多くみられ、薬物からできるだけ卒業していくことが、医療機関にとっての急務です。

寒くなり、インフルエンザが流行りだすと、手洗いやうがいが大切になります。
最低限、このような予防処置は必要です。

シュッシュとアルコールを手にかけて建物に入ったり、必要以上に薬をまき散らす季節です。

ほんとに必要?
薬ではなく、水が代用できるところはないのか?

手の消毒やうがい、ドアノブ・手すりなど人が触る可能性があるところ消毒は必要です。
しかし、酸性やアルカリ性や中性にpHをコントールした水を正しく使えば、薬液より効果的に消毒が可能です。

コントロールしてあっても水は水です。人体に及ぼすマイナスの影響はありません。
私たちの口の中に入る野菜、魚、肉などを洗うシステムなのですから・・・

こういった施設の消毒だけではなく、歯科治療にも使用が可能です。

管理され考えられた水を使うことで、薬の量を圧倒的に減らして、体にとってやさしい治療を可能とします。

日常生活にも有用ですので、患者さんでこのコントロールした水をほしい方は用途にあった水を差し上げています。(ペットボトル持参で)

システムが高価なため、あまり普及はしていませんが、水ですからシステムさえ導入してしまえば、経済的です。

なにげなく診療室で使われる水が、体に優しく、有効な消毒ができるなら一番いいですよね。

詳しくはこちらから・・・
http://www.matsui-shika.jp/

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
松井歯科医院

松井歯科医院公式サイトはこちら

当院は先代より数えて約50年、地域に根ざした歯科医院として歯科治療を続け、早くも半世紀が過ぎました。お陰さまで親子三代に渡るおつきあいや、遠方よりご来医院くださる患者さまなど多くの患者さまの歯の健康をお守りさせていただいております。