«  2010年9月22日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2010年9月22日

松井新吾です。

誤解が多いようです。

一番いい治療法であるインプラントを・・・、
歯がなくなったときはインプラントを・・・

一部の歯科医院や雑誌等でそういう説明がされていることを目にしたり耳にしたりすることが多くなりました。

そんなことは絶対にない!

歯がなくなったとき治療法は複数存在し、インプラント治療はそのうちの一つでしかありません。

歯の欠損の機能回復治療にはどの治療法においても利点と欠点が存在します。

その中で患者さん個人にとってどの利点が魅力的であるのか?どの欠点が許せるのか?

歯科医はそのなかでどれが望ましいのかアナウンスする必要があります。

8000人近い欠損治療の患者が来院しています。
その中でインプラントを選択した患者は500人程度です。

そうです。歯を失って治療をするとき、きちんと治療法の選択が必要だということです。・・・・・

僕は決してインプラント否定派ではありません。
インプラント治療は有用な治療法だと思います。

ほんとに有効な機能発揮できるインプラントを目指して!

« 2010年9月17日 | メイン | 2010年9月24日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
松井歯科医院

松井歯科医院公式サイトはこちら

当院は先代より数えて約50年、地域に根ざした歯科医院として歯科治療を続け、早くも半世紀が過ぎました。お陰さまで親子三代に渡るおつきあいや、遠方よりご来医院くださる患者さまなど多くの患者さまの歯の健康をお守りさせていただいております。