«  2011年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年3月 7日

松井新吾です。

タイトルに書いたように歯周病は感染症です。
菌の種類によっては強い感染力をもっています。

この強い感染力を持つ菌から始まる歯周病を家族性の歯周病として取り上げています。

この種類の菌はホルモンをえさとして繁殖していけますので、口の中を不潔にしているだとか、食生活に問題があるとか関係なく、病状は悪化していきます。

さらに、その感染力は一緒に生活している家族へと広がっていきます。

家族のうちだれかが歯科治療により改善したとしても、家族によって再感染していきます。

家族のうちのだれかではなくて、同居している歯のある人間が足並みをそろえて治療しないといつまでたっても治りません。

おれはいいやっていう父さんがいれば、めどくさいよという高校生ぐらいのお子さんがいても、治療はおわりません。

一昔前は、歯の治療の抜歯率が高く、この菌は歯がなければ生存できないので感染の拡大は少なかったのですが、現在、歯をできるだけ残す治療が主流となっていますので、この菌の除去は非常に困難となっています。

大事なのは検査です。

検査して、菌を特定し、対策を練るが大事です。

症状はほぼ一般的な歯周病といわれているものと変わらないため、一生懸命クリーニングに力を入れていくという悲しい経過をたどります。

現状で、この感染力の強い歯周病はそんなに多くはありませんが、当院でも年間に数家族とは出合います。

何度も言いますが、検査が一番大事です。何もなければそれでよし、原因が分かれば目標ができます。

みるみる歯周組織の状態が悪くなる、歯科医院でクリーニングも万全、自分のクリーニングにも力を入れている、なのに・・・・

クリーニングを続けるのも大切、
でも、もう一歩進みたい人はこんな歯科医院のホームページをみてみてください
http://www.matsui-shika.jp/

2011年3月 2日

松井新吾です。

最近、ホームページより質問が多くなってきているのがチェックバフです。

これは、唾液のpHや緩衝能を調べる検査です。

初期う蝕に対する考え方はステファンカーブに集約されています。
興味のある方は調べてみてください。難しい話ではありませんので・・・

その考え方では、歯の表面(エナメル質)が溶けずにいられるpHは5.5(臨界pH)です

いかにpH5.5以上で生活するかが大事です。(pH5.5以上のときは条件により再石灰化もおこる)

口の中に入ってきた食べ物はその種類によってpHが違います。
たとえば、コーラやアンパンマンジュースなどは、pH3ぐらいです。牛乳はpH6.5ぐらい・・・などなど

ですから、5.5以下の食品をだらだらと口の中に置き続けるとエナメル質が溶け始め虫歯が始まります。また、5.5以上の食品でも虫歯関連菌の作用により口の中に残った食品を分解し、酸を産生します。

この二つ(5.5以下の食品・5.5以上の食物残差)に対して、歯の表面のpHが下がらないように歯に膜を作ってみたり、pHを5.5以上で保とうとする働きが唾液の虫歯に対する能力であります。

チェックバフはこの唾液の虫歯に対する能力を調べるものです。

初期虫歯を作らないためには
①食物残差・デンタルプラークを残さない(細菌に仕事をさせないことによってpH5.5い
かにしない)
②食生活の指導(pH5.5以下の食品に対する注意と知識をつける。食べるときの注意も含
めて)
③唾液の虫歯に対する自分の能力を知り、対策を考える(チェックバフで、危機管理す
る)

細菌・食生活・唾液に始まる虫歯に対する抵抗力・時間

この4つを理解して虫歯になる確率を下げることが予防の第一歩です。

歯ブラシやフッ素やキシリトールが必要なのはこの4つを考えてのものです。

あなたの虫歯予防・・・なにか不足ではありませんか?

ちゃんと唾液の能力を調べておきましょう

こんなことを考えて予防に取り組んでいる歯科医院をお探しの方は
このホームページから(内容盛りだくさんなので、チェックバフ探してください)
http://www.matsui-shika.jp/

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
松井歯科医院

松井歯科医院公式サイトはこちら

当院は先代より数えて約50年、地域に根ざした歯科医院として歯科治療を続け、早くも半世紀が過ぎました。お陰さまで親子三代に渡るおつきあいや、遠方よりご来医院くださる患者さまなど多くの患者さまの歯の健康をお守りさせていただいております。