«  2011年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2011年1月14日

松井新吾です。

先週末の修復物の話の続きです。

まずは、修復物の作り方はいろいろとありますが、最終的な材料としてはどのような利点と欠点があるのでしょうか?


金属vs非金属


金属は何といっても頑丈です。
口の中でキラッと光ってしまいますが、とても優れた材料です。
極限までうすく仕上げても強度は維持できます。

金属は、イオン化して体内に溶け込みます。金属アレルギーの方以外の多くの人に対しては、問題ありません。

口の中で、いろいろな金属の種類が存在するほど電位差でイオン化しやすい傾向にあります。金属の種類を統一していくことが一番大切となります。そして、よりよい金属に統一してあげることがよりよいです。

よりよい金属とは、イオン化しずらく、また、咬合力に対して適切な強度と特性を持ち合わせた材料です。

とにかく強度に優れています。


では、金属以外の材料といえば、セラミックス・ハイブリッド・硬質レジンなどです。これらの材料は審美的に非常に優れています。

とくに、セラミックスは変色もなく生体親和性は非常に高い材料です。

欠点としては強度が金属ほどは得られないので、薄く仕上げることができません。

十分な強度・色を出すために、歯質を金属を使用する時より多く切削しなければいけません。多く切削するといっても0.5㎜ぐらいの話です。

そこまで、注意を払っても金属に比べると強度は劣ります。

しかし、強度が金属より足りないといっても、歯に装着されている間、金属のような問題はセラミックスにおいて何もありません。審美面も良好です。

健康を維持するという点においてこの材料がベストです。

利点と欠点をみて、あなたにとってのいい治療はどっちでしょうか? より頑丈?より審美的?・・・
次回は金属の種類で比較してみよう!

こんな話をしてみたい人は下のホームページより
http://www.matsui-shika.jp/

2011年1月 8日

松井新吾です。

虫歯は取り除いただけでは、口の中が本来担うべき仕事をこなすことはできません。病気を取り除いた後、本来あるべき機能を回復するために『修復』ということをします。


大きく分けて、口の中でその場で詰めることによって修復する直接法と、かだどりをして模型上で修復物をつくって修復する間接法とがあります。

現在、直接法はCRというとても便利な材料があるため、この材料でどこの歯科医院でも決まって使っています。


間接法は、どの材料でどのような方式で作るかはいろいろと選択できます。

罹患した病気の大きさや治癒の状態、その歯が持つべき仕事の性質により、また、患者さん自身のその歯に求めるものによって、適切な材料・方法で治療することができます。

ですが、ここで問題となってくるのは、保険内治療か?保険外治療か?ということです。
だれしもいいものを求めていますが、費用が常に問題となります。

その治療法・材料の利点に対して、ご自身が納得できれば保険外治療でもいいと思います。

歯科の修復物の場合、高価な治療法が、その歯にとってのベストな治療ではありません。
白金加金が・セラミックスが・ハイブリッドが・ゴールドが・ジルコニアが・セレックが・シルバーが一番いい!というすべての人に当てはまる材料はありません。


状況の説明を受け、あなた自身にあった治療方法の選択し、希望してください。

ベストの治療法は、高価なものかもしれませんし、保険内のものかもしれません。
まず、担当医と相談しなければ、何がベストなのかはわかりません。


歯は、毎日ずっと使う生きていくための武器です。
ベストな治療の話を聞いて、よりよい治療を受けてください。

来週からは、基礎知識のため、少しずつ細かな材料の比較の話をしていきたいと思います。

こんな歯科医院に興味のある方はしたのホームページへ
http://www.matsui-shika.jp/

2011年1月 7日

松井新吾です。

お正月、『お餅』日本人の食品による窒息死として最も多い食品で知られていて、お正月に最も多く食べられている食べ物です。このくらいのことは、ほとんどの人がご承知のことですが、実際、お餅を食べるときに注意している人はあまりいないように思います。


口に入れる→咬む→唾液と混和し、飲み込む準備をする→飲み込む


この一連の流れは、生まれながら持っている機能ではなくて、学習・訓練によって身に着くことです。

知っていましたか?摂食嚥下機能は学習により身に着くのです。

ですから、学習途中にある子供たちは、普段と違う食品を食べるとき学習しないと事故を起こします。ふざけている・食べることに集中していないときにあまり食べた経験値の少ない、のどに詰まらせやすい食品のときに事故は起こります。

また、大人も体が若い時より動かなくなっていくように嚥下機能も柔軟には機能しなくなっていきます。嚥下ということを意識して再学習する必要があるということです。

普段あまり食べないもの対する訓練が十分でないため、衰えと飲み込み方を忘れた食品に対して事故が起こります。

毎年、頭では食べている記憶が残っていても、体の嚥下機能がついていかないため、『唾液との混和し、飲み込む準備』が不十分となり事故は起こります。


子供は、食べることを楽しませ、食べることに集中させることが事故の一番の防止になります。

大人は、いきなりではなく、運動と同じように、徐々に動かしていく、馴らしていくように食べることが、一番事故を減らす得策です。


普段の生活から、嚥下機能に不安のある方は当院『院長』の摂食嚥下機能の確認と対策を練るために相談にいらしてみてください。

摂食嚥下機能の相談もしている当院のホームページはこちらから
http://www.matsui-shika.jp/

2011年1月 6日

松井新吾です。

2011年が始まりました。

松井歯科医院も本日より診療を開始します。

私は、午前中だけですが・・・

午後からは、横浜歯科技術専門学校にて、歯科衛生士科の講義を予定しています。もちろん、夕方からは付属診療室の診察もあります。
初日から、フル稼働です。

昨年は、ホームページのタイトルのように、他院にて継続が困難になったインプラント受診患者を数多く受け入れることができました。
患者本人から、もしくは歯科医院から依頼を受けて、近隣の方から県外の方までいろいろな患者さんと出会うことができました。

それぞれの患者さんにあった治療を提供できたと思っています。

また、いろいろな状況に対応できる医療スタッフ(歯科衛生士・歯科技工士・歯科医師)の育成にもある程度、手ごたえを感じることもできました。

2011年、私自身のレベルアップを第一の目標に置き、周りの方々がそれによって多くの幸せを得られるように頑張っていきます。


本年も皆様のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

はじめて、私のブログを見た方で当院にご興味のある方は
http://www.matsui-shika.jp/

« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

松井歯科医院

松井歯科医院公式サイトはこちら

当院は先代より数えて約50年、地域に根ざした歯科医院として歯科治療を続け、早くも半世紀が過ぎました。お陰さまで親子三代に渡るおつきあいや、遠方よりご来医院くださる患者さまなど多くの患者さまの歯の健康をお守りさせていただいております。