2010年4月 « トップへ

2010年8月 4日

診療室

診療室

清潔で落ち着いた診療室です。ゆっくりと治療が受けられる治療環境を整えておりますので、どうぞくつろぎなら治療をうけてください。

セレック3D

セレック3D当院では、見た目が美しいセラミックの詰め物・被せ物を、自動で作れる製作システム"セレック3D(CEREC3D)"を導入しています。この装置により、天然歯とほとんど変わらない美しさ・機能性を持つ歯を、スピーディーに製作することができます。

院内技工室

院内技工室

技工室とは、技工士さん専用の作業場のことです。ここで彼らは、被せ物・詰め物・入れ歯を作ったり、仮歯の調整やセラミックの色を調整をおこなっています。当院では、技工室を院内に完備しているので、即座に被せ物・詰め物・入れ歯の色や形の調整をおこなうことができます。

デジタルレントゲン

デジタルレントゲン

デジタルレントゲンを使用することによって、被爆量をさらに約1/5程度にまで削減することができます。また、デジタル操作により撮影画像を拡大することができるため、綿密な治療計画を立てることができます。

感染対策

感染対策

患者さまが触れるものには、徹底的に滅菌を行っています。器機にも万全に感染対策を行っております。また、コップやエプロンはもちろん、タオルやトレーまで可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底しています。

通常オートクレーブのみの歯科医院がほとんどですが、ガス滅菌(ホロホープ)も設置しています。

感染対策さらに、感染のリスクを少しでも軽減するため、治療前の洗口を行っております。

待合室

待合室

大きめのソファーをご用意しました。リラックスしながら診療をお待ちできる待合室です。

実践でインプラントの修理を学ぶ機会に恵まれた【院長松井新吾先生】

実践でインプラントの修理を学ぶ機会に恵まれた【院長松井新吾先生】

2000年に日本歯科大学を卒業後、医療法人審美会鶴見歯科医院勤務を経て2008年より総合インプラント研究センターの理事に就任、休診日はほぼ毎日どこかの研修会に参加するか、専門学校の講師として講義をするなどあちこち飛び回っています。

私は欠損した歯を補う部門にいたので入れ歯やインプラントのメインテナンスや修理についてはかなりの症例を手がけることになりました。

わからないことがあれば伝を伝っていろいろな先生のところへ勉強に行きました。そうなると自ずとインプラントの大家と呼ばれる先生方のところに辿り着きます。これが私にとって大きな財産となることは、当時は大忙しで想像することさえできませんでした。

インプラントのメインテナンスと修理に力を入れたい

インプラントのメインテナンスと修理に力を入れたいインプラント治療がメジャーの仲間入りをして久しいですが、一度治療すれば楽々一生使える夢の人工歯というわけにはいきません。定期的なメインテナンスをしなければ脱落したり、長年使っているうちに人工歯が磨耗したり、フィクスチャー(人工歯根)やアバット(土台)にヒビが入ったり割れたりと修理が必要になることがあります。

現在、最先端といわれるインプラントはチタンが主流です。チタンには生体親和性があり、インプラントに最適な素材として使用されていますが10年前は人工サファイアや合金、支台部と板状の骨内埋入部が一体となったブレードタイプなどさまざまな種類のインプラント素材が使用されていました。インプラント治療技術は目まぐるしく進化しています。

"修理は不可能"といわれてしまった方へ

修理は不可能といわれてしまった方へところで、インプラントの先駆者(日本で初めてインプラント治療を受けた人)といわれている人たちは70才代後半です。当然、その人たちのインプラントは現在のものとは大きく様式が異なります。では、もしインプラントが壊れてしまったら?

インプラントはA社という会社のインプラントを使用していたとして、もしもその会社が製造をやめてしまっていたら修理は不可能、というのが一般的です。なぜならインプラントを埋入するための専用ツールがあり、それがなければ修理することができないとされているからです。

もっと後の時代にインプラント治療を受けた人で、インプラントが壊れたから歯科医院へ行ったところ「専用のツールがないので修理できない」と断られたという事例がありました。

また、世界中では約100種類のインプラントが使用されています。もし海外でインプラント治療を受けた場合、専用のツールがある歯科医院を日本で探すのは困難な場合だってあるかもしれません。これでは"インプラントは半永久的に持つ"という神話はあっという間に崩れてしまうことになります。

数多くのインプラント修理・メインテナンスに携わってきた

数多くのインプラント修理・メインテナンスに携わってきた私はこれまで2500本のインプラント治療と500人を超える患者さまのインプラント治療・再治療を行ってきました。

専用のツールがない場合もメインテナンスや修理は充分可能です。なぜなら数多くのインプラント治療に携わり、どのように処置すればよいか身をもって学んできたからです。充分なメインテナンスができていなかったり、壊れたままになっているとしっかり噛めないうえに、取り除かなければならなくなってしまうことがあります。

「別の歯科医院でインプラント治療をしたので、なかなか他へ行くことができない」
「修理ができないといわれたので、あきらめてそのまま放置している」という人たちは、どうぞ遠慮なく当院においでください。"やっぱりインプラントにしてよかった"と笑顔になっていただけるよう、メインテナンスや修理をさせていただきます。

プロフィール

プロフィール松井歯科医院/院長松井新吾

【経歴】
2000年 日本歯科大学卒業
同年 医療法人審美会鶴見歯科医院勤務
2007年 医療法人審美会鶴見歯科医院退職 松井歯科医勤務
現在 松井歯科医院院長
   学校法人横浜技術専門学校衛生士科非常勤講師
   総合インプラント研究センター所属

日本歯科医師会会員
神奈川県歯科医師会会員
茅ヶ崎歯科医師会会員

神奈川県小児歯科相談医

【講演・論文・文章掲載等】
2005年6月12日 日本顎咬合学会学術大会 
 東京国際フォーラム  ポスター講演 
 「インプラントによる欠損補綴―患者適正顎位を求めて―」

2007年1月21日 神奈川県歯科医師会学術大会 
 神奈川県歯科医師会館 講演
 「当院におけるインプラント臨床の現状」

2007年1月21日 日本補綴歯科学会 
 神奈川県歯科医師会館 共同ポスター発表
 「歯冠外アタッチメントを用いた可撤性義歯の1症例」

2007年2月25日 オズの会 渋谷区歯科医師会館 講演
 「当院のインプラント臨床の統計を整理して」

2010年1月24日 オズの会 渋谷区歯科医師会館 講演
 「もしもの時の上顎洞を考える」

2010年3月31日 発行 日本口腔インプラント学会誌掲載
 「下顎左側臼歯部にインプラント治療を行い機能咬合を回復した1症例」

2011年 茅ヶ崎市主催 女性センター
 健康運動教室トータルフィットネス 市民向け講演
 「歯周病を考えよう」

2011年9月25日 オズの会 渋谷区歯科医師会館 講演
 「基本にもどって、検査をしよう」

【ご挨拶】
平成20年より総合インプラント研究センターの理事になりました。休診日はほぼ毎日どこかの研修会に参加するか、専門学校の講師として講義をしています。

開業半世紀を超える老舗歯科医院【歯科医師松井久芳先生】

開業半世紀を超える老舗歯科医院【歯科医師松井久芳先生】

私の父である先代の院長から数えて私が2代目、そして院長の松井新吾で3代目。ずっとここ茅ヶ崎市松浪で歯科治療を続けてきました。思えば先代が一番ユニークなタイプだったと思います。

大きく歯科医療に貢献したということで勲五等を受勲したこともあり、とても歯科医療に情熱を傾ける人でしたが、今でいうところのカリスマ性というのでしょうか、歯科医師というよりは人間的ファンが多かったですね。

どこにいても真ん中にいてたくさん人を引き連れて歩いている。だからといって威張っているわけではなく、とてもマメなところがありました。父は件の歯科医師会などへ出向くことが多く留守がちでしたから、私はいわゆる"番頭さん"みたいな立場でした。しかし戻って来て治療に取りかかると、それは猛烈に仕事をする。

その姿を見ながら、そしてときにはケンカをしながら、気がつくと20年以上が経ちました。私も院長も先代からのファンを引き継いで診療しているようなところがあります。

紹介から、"松井歯科デビュー"

紹介から、松井歯科デビュー小さい頃から通っていた人がお父さん、お母さんになってお子さまを連れて来院されたり、女性の患者さまが結婚して、そのご主人が"松井歯科デビュー"をするという面白い現象も起きています。

代々、お客様が引き継がれてゆく老舗のレストランや商店ではありませんが、松井歯科医院も、ここ茅ヶ崎の地域に根を張り、老若男女問わず多くの方々の歯の健康をお守りすることができることは歯科医療に携わる者としてとても誇らしいことだと思っています。

入れ歯へのこだわり~その人の顔が思い浮かぶような入れ歯づくり

入れ歯へのこだわり~その人の顔が思い浮かぶような入れ歯づくり入れ歯は特殊な物を除いて、ほとんど私が作成しています。

一般的に入れ歯は印象を採得して仮にフィッティングを行って完成、という場合が多いのですが、私は解剖学的形態に基づいた三次元的な測定を行います。

口は食事をしたり、喋ったり、常に動いている状態ですからただ顎の型を採るだけでなく舌の大きさも考えて歯の並ぶ位置を決めなければなりません。

すると「ここを延ばしてやろう、ここはあまり圧迫してはいけない」ということが自ずと見えてきます。自費の入れ歯も保険の入れ歯も、マニアしか使わないといわれているバランサー咬合器を使って作成します。

この咬合器は私が研究を受けた補綴の大家といわれる納富哲夫先生が考案したもので、全調節性咬合器と同じ曲線的な下顎運動を再現することができる優れものです。

自然で個性を失わない入れ歯を目指す

自然で個性を失わない入れ歯を目指す印象採得の時点から、すでに完成形を予測しながら入れ歯づくりをすすめることで"リアリティのある入れ歯"を仕上げることができます。よくテレビなどで見かける入れ歯は歯が真っ白でとてもキレイに並んでいますね。しかし天然歯は年齢と共に形が変わったり色が変わって"年相応"になっていきます。

入れ歯も、その人の顔つきや年齢に合わせて作成することで、自然で個性を失わないものに仕上げることができます。そのためにも私は人工歯を最低2色、使い分けます。完成した入れ歯を見るだけで「これは○○さん、あれは△△さん」と容易に顔を思い出すことができます。

インプラントから入れ歯へ~当院ならスイッチがスピーディー

インプラントから入れ歯へインプラント治療が珍しくなくなり、当院にもインプラント治療やメインテナンス、修理にいらっしゃる患者さまが増えてきました。

入れ歯と違い、取り外す必要がなく天然歯に限りなく近いインプラントは一見夢のような治療法ですが、どうしてもインプラントを埋入できない、高齢者や身体が不自由なため充分なケアができない場合は入れ歯のほうが適している場合があります。

もちろん、入れ歯からインプラントへという治療法もありますが、当院は私が入れ歯治療に力を入れている一方で、院長がインプラント治療に関する高い技術があり、最先端治療も行えることから、失われた歯をスピーディーかつ患者さまに最適な方法で補うことが可能です。

クリーンミスト

クリーンミスト純水からつくられたクリーンな消火器です。

通常の消火器は、塩類やイオンを含むため、乾いた後にどうしても薬剤の成分が残ってしまいます。クリーンミストは主成分が純水のため、薬剤の影響がほとんどなく精密機器にかけても大丈夫です。

患者さまの多少のわがままも、受け入れてしまうんです(笑)

現在、院内ラボに在籍する技工士はクラウンやインレーといった被せ物や詰め物は作成しますが、入れ歯を作成するのは専ら私の仕事になりました。お陰で随分と腕も上達して患者さまにも喜んでいただいています。

私は患者さまのある程度のわがままを全部受け入れるので「○月△日から旅行へ行くんだけど、これ(入れ歯)修理して欲しい」「入れ歯が壊れてしまったから、すぐに治して」という注文も珍しくありません。

なかには「午前中に修理してもらえないと昼ごはんが食べられない!」と言う患者さまも。これも信頼していただいているからこそ、と昼休みを入れ歯の修理に費やすこともあります。

たくさんの患者さまに頼りにされたり、ぴったり合う入れ歯ができると"もしかすると私の手は魔法の手?"と自画自賛することもたびたびですが、ますます皆様に信頼され、長く通っていただける歯科医院であり続けるよう精進していきたいと思っています。

プロフィール

プロフィール松井歯科医院/歯科医師松井久芳

【略歴】
1978年 日本歯科大学卒業
1983年 松井歯科医院勤務
1987〜2012年 松井歯科医院院長

日本歯科医師会会員
神奈川県歯科医師会会員
茅ヶ崎歯科医師会会員
プロフィール日本顎関節学会
日本歯科医療管理学会
日本産業衛生学会

茅ヶ崎市立松林小学校校医
茅ヶ崎地区学校保健会副会長
まつなみ幼稚園園医
プロフィール神奈川県小児歯科相談医
神奈川県障害者歯科一次医療担当医
茅ヶ崎市介護認定審査会委員
茅ヶ崎市高齢者福祉計画・介護保険事業計画推進委員会委員
茅ヶ崎市地域医療推進協議会委員
産業歯科医

【審美歯科】 「歯の美容整形」で美しい口元をつくる

 「歯の美容整形」で美しい口元をつくる

"笑うと銀歯が見えて気になる""歯や歯肉の色が気になる""笑顔に自信を持ちたい"という悩みを抱えている方はいませんか?そんな方にオススメなのが"審美歯科治療"です。審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療のこと。最近では、気軽に白く健康的な歯を手に入れられることから、「歯の美容整形」とも言われています。

このページでは当院の審美歯科メニューについてご紹介します。

<当院の審美歯科治療の特徴>
【院内技工室完備】 スピーディーな審美歯科治療
【セレック3D】 たった1日でセラミック治療が終了します

<当院の審美歯科メニュー>
【ホワイトニング】 歯本来の美しさを取り戻す
白く美しい「被せ物」
白く美しい「詰め物」
【ラミネートベニア】 歯を"ネイルチップ"で美しく見せる

 

【院内技工室完備】 スピーディーな審美歯科治療

スピーディーな審美歯科治療審美歯科、というと見た目を美しくする、というイメージがあるでしょう。しかし、見た目はキレイでも"噛む"という本来の歯の機能が充分でなければ本物の審美歯科とはいえません。

当院ではまずお口の健康を第一に考えた上で、しっかり噛める、その人の個性を大切にした審美歯科治療をおこなっています。口元に自信が持てることで、より魅力的な笑顔になり、人とのコミュニケーションもより充実したものになるでしょう。

当院では院内に技工室(詰め物・被せ物を作ってくれる職人さんが作業をする工場)を完備、スピーディーで正確な上部構造体を作成していますので、お急ぎの場合でも対応が可能です。詳しくは医師にご相談ください。
 

【セレック3D】 たった1日でセラミック治療が終了します

【セレック3D】 たった1日でセラミック治療が終了します当院では院内に完備した「セレック3D」といわれる機械で人工の歯を切り出します。コンピュータカメラで患部を撮影し、コンピュータに入力すれば、連結したマシンが自動的に削り出し作業を行います。これにより、約1時間程度でセラミックの歯が完成、即日治療が可能です。

また、型採りの必要がないため、医療廃棄物を減らすこともできます。セレック3Dを使った治療は、地球環境にもやさしい治療というわけです。
 

【ホワイトニング】 歯本来の美しさを取り戻す

欧米では、もう何年も前から芸能人ばかりでなく政治家たちやビジネスマン、ビジネスウーマンが歯のホワイトニングに通っています。

白く輝く歯は清潔感があり、爽やかで人に好印象を与えることから、ビジネスチャンスや信頼感をつかむ必須アイテムと考えているのです。

"歯並びはキレイなのに歯の色が黄ばんでいる""部分的に変色していて見た目がよくない""クリーニングでは充分にキレイにならない"という方はホワイトニングで白い歯と輝く笑顔を手に入れましょう。

ホワイトニングは安全な薬を歯の表面に塗ることで歯を白くするもので、歯科医院で行なうオフィスホワイトニングと家庭でできるホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニング
歯と歯茎の状態を診断し、歯の1本1本を丁寧に白くしていきます。低刺激で安全なホワイトニング効果の高い薬剤を使用していますので、刺激で不快感を感じることはありません。
 

白く美しい「被せ物」

白く美しい「被せ物」オールセラミック
金属を使用しないセラミック(陶材)のみでつくられた被せ物です。土台にもセラミッククラウンと同じ白い材質のものを使用することで、土台が透けることがなく、金属を使用していないので変色したり長く使用しているうちにを土台の金属部分が目立ってくることがありません。また、金属を使用しないので金属アレルギーの心配がありません。

メタルボンド
被せ物や差し歯の全体をセラミックで覆い、内側を金属で補強したものです。

すべてセラミック素材でできているオールセラミックと違い、土台に金属が使われているため色調や透明がやや低下する場合がありますが、丈夫なので奥歯やブリッジなどの強度が求められる部分に適しています。

※金属アレルギーがある場合は、オールセラミックが安心です。
 

白く美しい「詰め物」

白く美しい「詰め物」セラミックインレー
セラミックでつくった白い詰め物です。奥歯のむし歯を治療した場合、一般的には銀の詰め物をすることが多いのですが、口を開けたときにどうしても目立ってしまいます。

セラミックインレーは見た目が自然で、保険診療で使用される金属に比べて密着度が高く、歯との隙間ができにくいのでむし歯になりにくいというメリットがあります。また、金属を使用しないので歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配がありません。
 

歯を"ネイルチップ"で美しく見せる【ラミネートベニア】

歯をネイルチップで美しく見せる【ラミネートベニア】歯の表面を0.5ミリくらい削り、その上に薄いセラミックを張りつけ、歯を白くして形や隙間を整えるものです。

セラミックを被せる治療よりも歯を削る量が少ないので歯にかかる負担が少なく、ホワイトニングでは効果が期待できない変色した歯を美しく自然な色に仕上げることもできます。

チェックバフ

チェックバフ唾液を検査し、むし歯に対する体の抵抗能力をしらべます。

ガムを噛んだ後、唾液を採取するだけ。短時間で検査ができます。子供は値が不安定なため、定期的に検査の必要があります。

バナペリオ

バナペリオ歯周病原菌の有無を調べる検査です。検査方法は歯垢を採取し、培養します。わずか5分ほどで、もちろん痛みもありません。さらにその場で結果が分かる優れた検査システムです。

歯周病治療を真剣に考えている方には必要な検査です。

オーラルクロマ

オーラルクロマ口臭の原因成分を3つのガスに分類し、それぞれの濃度を測定します。口臭をガス別に測ることで、原因の特定や治療効果の確認をすることができます。

電解水生成装置

電解水生成装置この装置によって生成させる「機能水」は、強力な殺菌・除菌力を持っています。当院ではこの機能水を使用して、常に院内をクリーンな状態に保っています。

もちろん、人体には害がありません。また、アルコールの殺菌と違い、水によって殺菌するので、アルコールのアレルギーをもっている方にも安心してご利用頂けます。

【入れ歯治療】痛くない、はずれない。20年使える入れ歯をつくる

入れ歯治療

入れ歯は自分の歯が喪失した所に人工的に歯をつくり、以前のお口の状態に戻し健康的に食生活ができるようにするものです。このページでは当院の入れ歯治療についてご紹介します。

<当院の入れ歯治療の特徴>
【院内技工室完備】 歯科医師自ら入れ歯をつくる
入れ歯にも個性が必要です

<当院の入れ歯メニュー>
当院で扱う入れ歯の種類とは?
 

【院内技工室】元院長自ら入れ歯をつくる

元院長自ら入れ歯をつくる患者さんからは大先生(おおせんせい)と呼ばれている、元院長、松井久芳が診療後に技工室で入れ歯の作成をおこなっています。患者さまのお口の状態を把握した上で印象採得から床の作成、上部構造体の配列、仕上げまでを一貫しておこなうことで機能的で見た目が自然な入れ歯が完成します。

破損した場合もスピーディーな対応ができますので修理が終わるまで数日の間、入れ歯が使えない、という心配がありません。
 

入れ歯にも個性が必要です

入れ歯にも個性が必要です入れ歯というと真っ白な歯が、まるで模型のようにキレイに並んでいるというイメージがありませんか?顔つきや年齢は違うのに、入れ歯だけはどれも似たり寄ったり。これでは違和感を感じて当たり前です。

当院ではその人の容貌が変わってしまったり不自然な口元にならないよう自然に見える入れ歯づくりをモットーにしています。

解剖学に基づき、入れ歯の完成形を予測しながら印象を採得します。全調節性咬合器と同じ曲線的な下顎運動を再現することができるバランサー咬合器で入れ歯を作成。最低2色以上の人工歯を用いて、より天然歯に近づけます。
 

当院で扱う入れ歯の種類とは?

保険の入れ歯保険の入れ歯
義歯床がプラスチックでできています。分厚くなりやすく、しゃべりにくい、外れやすいなど違和感がありますが保険範囲内なので治療費が安いというメリットがあります。部分入れ歯の場合、クラスプと呼ばれる金属のバネを使用するため、残っている歯に負担がかかったり、金属が見えてしまう場合があります。

保険適用外保険適用外
・金属床義歯チタン床
薄くつくれるので違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯です。冷たいもの・温かいものも敏感に感じることができるので美味しく食事ができ、患者さまに合った人工歯を使用するので審美的にも優れています。また、非常に軽く生体親和性に優れ、アレルギーの心配がありません。

・コーヌス義歯
金属で製作しますが、見えないので審美的に優れています。装着感もよく、安定し外れにくい義歯です。バネを使わず、残っている歯に専用の金属の被せ物をして、その上から入れ歯を装着するタイプの部分入れ歯です。クラスプを使わないので残っている歯に負担がかからないというメリットもあります。

AED

AED自動体外式除細動器といい、強い電流を一瞬流して心臓にショックを与えることで、心臓を正常な状態へ戻す機能をもっています。最近では駅や競技場など多くの人が集まるところに設置されています。

自動音声によって使い方をガイドしてくれるので誰でも使用することができます。医院でも実際に使用したことがあります。

インプラントが壊れてしまったという方へ

インプラントが壊れてしまったという方へ

インプラントとは歯のなくなった顎の骨に人工の歯根(フィクスチャー)を埋め込んで土台をつくり、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。天然歯と同じように顎の骨に固定されるので、自分の歯と同じように噛むことができます。

<当院のインプラント治療>
"インプラントの修理"で、さらに長持ちさせる
長持ちさせるためにはメインテナンスが大切
ところでインプラント治療とはなんですか?

 

"インプラントの修理"で、さらに長持ちさせる

インプラントの修理で、さらに長持ちさせる「インプラントが壊れてしまった」。そうなると歯科医院へ行くしかありません。しかしここで大きな問題が生じることがあります。

A社という会社のインプラントを使用していたとして、もしもその会社が製造をやめてしまっていたら修理は不可能、というのが一般的です。なぜならインプラントを埋入するための専用ツールがあり、それがなければ修理することができないとされているからです。

また、インプラント治療はかなりのスピードで進歩し続けています。いつまでも何十年も前の様式のままである可能性のほうが低いでしょう。そのため「信頼できる会社のインプラントを採用している」と謳っている歯科医院もありますが、それでは患者さまは不安でインプラント治療を受けることができません。

たとえば数十年昔のテレビがあったとします。映らなくなったので修理をお願いしたら「もう部品を製造していないので修理はできません」と言われることがほとんどでしょう。テレビならあきらめて買い換えることもできるでしょうが、インプラントは大切な身体の一部です。そう簡単に"お取替え"というわけにはいきません。

当院では多くの患者さまのインプラントの再治療の実績がある院長、松井新吾がインプラントの修理をおこなっています。

メーカーやバージョンが異なる場合でも、その患者さまの症状やお口の状態に合った修理を行いますので「そのインプラントの修理は難しい」と言われた方も一度ご来院ください。
 

長持ちさせるためにはメインテナンスが大切

長持ちさせるためにはメインテナンスが大切「インプラントは半永久的に持つ」「むし歯にならない」といわれているインプラントですが、一度インプラントをいれたから、もう大丈夫というわけではありません。

インプラントを長持ちさせるためには定期的にメインテナンスを受ける必要があります。当院では他の医院でインプラント治療をおこなった方のメインテナンスも積極的におこなっています。

上部構造体がすり減ってきたら早めに交換
インプラントは骨に埋まっているフィクスチャー、フィクスチャーとつながる土台(アバット)、上部構造体の3つで構成されています。上部構造体は天然歯や他の被せ物と同じようにすり減ることがあります。すり減ったら上部構造体の部分だけを交換することができますので、早めに取り替えて正しく噛める状態を維持しましょう。

インプラント周囲炎を防ぐ
インプラントは人工の歯根と上部構造体で形成されているのでむし歯にはなりませんが、手入れが不十分だとインプラント周囲炎になる可能性があります。これは天然歯でいうところの歯周病と似ています。

細菌の塊であるプラークはインプラントを支えている歯槽骨を破壊し、やがてインプラントが脱落してしまいます。人工物であるインプラントには神経がないため、初期での自覚症状がないのが特徴で気がついたらグラグラになっていた、ということも少なくありません。そうならないためにも定期的にメインテナンスを受けてインプラント周囲炎を防ぐ必要があります。

噛み合わせの細かいチェック
私たちの日常生活と健康、歯の噛み合わせは深い結びつきがあります。たとえば、力を入れたりストレスを感じて無意識のうちに歯を食いしばったり、就寝中の歯ぎしりも噛み合わせに大きな影響を与えます。歯や歯周組織、顎関節に過度な力がかかり、ダメージが蓄積されていくと歯がすり減ったりグラグラして噛み合わせが悪くなります。

こうした噛み合わせの変化は、インプラントのダメージにつながる可能性があります。メインテナンスで噛み合わせの細かいチェックを行い、インプラントが正常に機能できているかどうかを確認し、わずかでも問題があれば咬合調整やインプラントの調整などを行います。

※歯ぎしりが見られる場合はナイトガード装着などの処置をおこなう必要があります。
 

ところでインプラント治療とはなんですか?

ところでインプラント治療とはなんですか?インプラント最大のメリットは、なんといっても自分の歯と同じ感覚で食べたりしゃべったりできることです。ここではインプラントの魅力を少しまとめてみます。

○歯が無くなってしまった所に植えるので隣の歯を削る必要がありません。

○固定性なので入れ歯のように取り外しの必要がありません。

○インプラントの材質はチタンですので生体にやさしく、親和性も高く身体に馴染み拒否反応などほとんどありません。

○麻酔下で大体1時間から2時間以内でインプラントの埋込手術は終わります。術後は腫れたり、痛みはほとんどありません。

○発音がしっかりできるので入れ歯に比べて会話がスムーズです。

※全身状態、顎の骨や噛み合わせの状態により制限があります。詳しくは医師にご相談ください。

【予防歯科】 むし歯や歯周病と縁のない生活を送るために

むし歯や歯周病と縁のない生活を送るために

「歯医者さんには歯が痛くなってから行けばよい」あなたはこのように思っていませんか。「予防歯科」とは、これまでの「痛くなったら治療する」という考え方とは異なり、「お口の健康を維持する」という歯科スタイルのことです。

いつまでも健康な歯であるために、当院では予防の観点から3~6ヶ月に1度の定期健診をおすすめしています。当院では歯ブラシ指導・衛生指導に重点をおき、健診では歯の検査のほか、歯肉の検査や歯のクリーニングをおこないます。健診を受けていつまでも健康な歯と歯肉を保ちましょう。

当院の予防歯科メニューとは?
あなたの歯ぐきは健康ですか?歯周病チェックシート

 

当院の予防歯科メニューとは?

当院の予防歯科メニューとは?歯周ポケットのチェック
ポケットは、歯と歯肉(歯ぐき)の間にある溝のことで、通常1~2㎜の深さがありますが、細菌が侵入して歯周病が進むと深くなります。ポケットの深さは溝の深さをプローベという器具で測定しています。これらの検査結果やレントゲン写真などをもとに歯周病の状態を検査し、必要な場合は治療を行います。

むし歯チェック
デジタルレントゲンで表からは見えない歯根や歯肉の中の状態をチェックしてむし歯がないかどうか細かく検査します。デジタルレントゲンには、以前撮ったレントゲン画像と現在のレントゲン画像を比較して歯の長期間の経過観察を正確におこなうことができるというメリットがあります。

歯磨き指導(ご希望により)
むし歯や歯周病の原因の多くがブラッシング不足です。「私は毎食後磨いているのにむし歯になってしまう」という人がいらっしゃいますが、磨いているのと磨けているのには大きな違いがあります。

自分ではしっかり磨けているつもりでも歯と歯の間や奥歯の裏側、利き手側の奥歯は磨き残しが多いものです。当院では患者さまお一人お一人の、お口の状態や歯並びに合った正しい歯磨き指導をおこなっています。

バナペリオ検査で歯周病になるリスクをチェック
バナペリオ検査とは、歯垢を採取して15分ほど培養し、歯周病になるリスクを測る検査です。

検査によって患者さまのお口の中の状態を数値化することで、精度の高い歯周病治療の立案や、生活指導のアドバイスができるようになります。

検査時間はわずか5分。もちろん痛みもありません。その場で結果が分かる優れた検査システムです。「現在、歯周病で悩んでいる」「ひょっとすると歯周病かも知れない」という方、バナペリオ検査で、日頃から歯周病対策をおこないましょう。

当院の予防歯科メニューとは?PMTC(歯のクリーニング)
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは「プロフェッショナルな専門家による器具を使ったお口のクリーニング」のことをいいます。

むし歯や歯周病の原因になるプラークは普段の歯磨きでは充分に取り除くことができません。PMTCでは歯科医師・歯科衛生士が歯の表面についたプラークや沈着物を専用の医療器機を使ってクリーニングした後、歯垢の付着を防ぎ、歯質を強くするフッ素塗布を行います。

歯のクリーニングであるPMTCはドリルを使用しないので治療のような痛みを感じることはありません。とても爽快感があり、口腔内がキレイにクリーニングされたことでお口の健康を保つ意識がより高くなります。

口臭検査
口臭があると知らず知らずのうちに人に不快感を与えていることがあります。しかし、なかなか指摘しにくいデリケートな問題でもあり、「私は口臭があるのではないか?」と悩んでいる場合があります。

口腔用消臭スプレーなどを使用することがありますが、根本の原因を解消しなければ口臭をなくすことはできません。当院ではご希望により口臭検査をおこなっています。お気軽にお申し出ください。

口臭には様々な原因が考えられます。むし歯や歯周病など口腔内に原因がある場合や食べ物によるもの。その他にも、全身的な原因として、ダイエット・肥満・老化・ホルモンバランスの異常・代謝系や呼吸器系などの病気によって発生する場合もあります。
 

あなたの歯ぐきは健康ですか?歯周病チェックシート

あなたの歯ぐきは健康ですか?歯周病チェックシート1.歯磨きをすると血が出る
2.歯と歯の間に食べ物がはさまりやすくなった
3.歯並びが悪い
4.口臭がある
5.朝起きたとき、口の中がネバネバする
6.歯ぐきから膿が出ている
7.歯が長くなったように見える
8.歯がグラグラする
9.かたい物が食べにくい
10.喫煙の習慣がある
11.糖尿病や高血圧である
12.妊娠・更年期でホルモンバランスの変化がある

●該当する数が多いほど歯周病である可能性が大きくなります。1つか2つしか当てはまらない人も定期健診に通って健康な歯ぐきを維持しましょう。

痛みの少ないむし歯治療

痛みの少ないむし歯治療

"歯を削られるのはイヤだ""治療するのは痛い"そんな不安から、むし歯をそのまま放置している方はいませんか?どうぞ、ご安心ください。当院では、「なるべく抜かない・痛くない」をモットーに、患者さまへの負担が少ない歯科治療をおこなっています。

このページでは、当院のむし歯治療についてご紹介いたします。

<当院のむし歯治療の特徴>
なるべく抜かない。健康な歯をできるだけ残す
【2段階麻酔】 痛みの少ない治療方法
【ディアグノデント】 むし歯の状態を正確に知る

知っていますか?むし歯の進行と一般的な治療方法
 

なるべく抜かない。健康な歯をできるだけ残す

なるべく抜かない。健康な歯をできるだけ残す当院では健康な歯をできるだけ残す「ミニマルインターベンション=MI治療」を採用しています。ミニマルインターベンションとはMinimal Intervention(最小限の侵襲)の略で、むし歯の部分だけを正確に除去しよう、という考え方のことです。

通常の歯科治療ではむし歯があると、予防のためにむし歯になりやすい健康な部分まで除去したり、神経に近く治療後に痛みが出る可能性がある場合は神経を取る治療をおこないます。これは治療した歯が再びむし歯になったり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるためにおこなうものです。

しかし、神経を取った歯は健康な歯に比べて歯質が弱くなります。当院では、ミニマルインターベンションでむし歯に侵されてしまっている部分だけを慎重に除去するので、歯の負担を減らしたり、神経を取らずに治療することで歯の寿命を延ばすことができます。
 

【2段階麻酔】 痛みの少ない治療方法

【2段階麻酔】 痛みの少ない治療方法治療では痛みを抑えるために麻酔を使用することがあります。しかし「麻酔そのものが痛い」という経験をして歯科医院に通うのが苦痛になってしまった、という話を耳にすることがあります。「口腔内という敏感な部分に針を刺すのだから痛くて当たり前」では本末転倒です。

当院ではまず麻酔を打つ前に、表面麻酔を施します。表面麻酔は歯肉の表面にジェル状の薬(使用する薬剤によって異なります)を塗り、知覚を麻痺させるもので、針を刺したときのチクっとした痛みをやわらげる効果があります。

表面麻酔が充分に効いてから麻酔をします。針は痛みを最小限に抑える極細の針を使用。麻酔薬が冷えていると体内に入ったとき痛みを感じやすいので、体温程度(約37℃)にあたためてから注入します。
 

【ディアグノデント】 むし歯の状態を正確に知る

【ディアグノデント】 むし歯の状態を正確に知るディアグノデントとは、むし歯に侵された歯から発せられる光を読み取って、むし歯の状態を数字で表すことができる専用の装置です。特にお子さまの初期むし歯場合、判断が困難な場合があります。そんなときこの装置を使うことで、処理が必要かどうか?を正確に判断することができます。
ディアグノデントまた、ディアグノデントを使えば隠れたむし歯を発見し、予防することができます。他にも、むし歯だけを正確に判別し除去できるので、歯の保存につながります。
 

知っていますか?むし歯の進行と一般的な治療方法

むし歯の進行◆CO(CariesObservationシーオー:初期むし歯)
穴があいたり、黒くなっている状態ではありませんが、歯が溶け始めてむし歯が始まっている状態です。この段階であれば、フッ素入りの歯磨き粉を用いて歯みがきをしっかりおこなうことで、再石灰化させることが可能です。

むし歯の進行2◆C1(エナメル質う触)
むし歯が歯の表面を覆っているエナメル質を溶かして小さな穴ができた状態です。象牙質に達していないので痛みはありません。

この状態の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状がありません。これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。保険適用内の白い詰め物をすることで治療が完了します。

むし歯の進行3◆C2(象牙質う触)
むし歯がエナメル質の下の象牙質まで進んでいるので、冷たいものや甘いものがしみることがあります。

痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。むし歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了します。

しかし、むし歯が内部で大きく広がっている場合は麻酔をしてむし歯の除去をおこない、形を整えます。その後、型をとり、詰め物を作成して装着します。詰め物の種類は保険適用の場合は金属(金銀パラジウム合金など)になります。

むし歯の進行4◆C3(神経まで達したう触)
むし歯がエナメル質、象牙質の下の神経まで達しています。激しい痛みを感じる場合が多く、神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯茎が大きく腫れたりします。

治療は麻酔をして根管治療を行ないます。神経を取り除いて根の中をきれいにしてから詰め物をします。根管治療を途中でやめてしまうと症状が悪化してしまいますので、間を開けずに治療に通うようにしましょう。

むし歯の進行5◆C4(残根状態)
歯のほとんどが崩壊して根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療をおこなってから、被せ物をします。症状によっては抜歯しなければならないことがあります。

ようこそ、松井歯科医院へ

ようこそ、松井歯科医院へ

数ある歯科医院の中から、当院を選んでいただき、ありがとうございます。開業以来、私たち松井歯科医院は患者さまに満足していただくことを第一に考えてきました。いまでは地元の方はもちろん、遠方からも多くの患者さまが来院してくれるクリニックへと、成長することができました。

これからも慢心することなく、緊張感を持って患者さま一人ひとりと接していくことをお約束いたします。

<当院が選ばれる3つの理由>
開業して約50年を迎える歯科医院です
【インプラントの修理・メインテナンス】 インプラントを長持ちさせるために
歯科医師自ら入れ歯をつくる。天然の歯に近い入れ歯

 

開業して約50年を迎える歯科医院です

開業して約50年を迎える歯科医院です当院は開業して約50年、これまで多くの患者さまのお口の治療とケアをおこなってきました。院長で3代目、ということは患者さまも2代、3代にわたったおつきあいです。

また、幼稚園や小学校で「○○ちゃんがおこなって、よかったと言っていたから」と保護者の方々の口コミで来院されるお子さまもいらっしゃいます。横浜や平塚、東京など遠方から一時間以上かけていらっしゃる患者さまも噂や口コミでご来院されるのがほとんどです。

人と人のつながりは、すべて信頼関係にあるといっても大げさではありません。一度でも患者さまに不安や不快感を与えてしまったなら、口コミという鎖は切れてしまいます。

信頼してご来院くださる患者さまのために昨日よりは今日、今日よりは明日と、基本に忠実、かつ最新の歯科医療技術を取り入れながら、安心、納得いただける方法で治療をおこなっています。
 

【インプラントの修理・メインテナンス】 インプラントを長持ちさせるために

【インプラントの修理・メインテナンス】 インプラントを長持ちさせるためにインプラント治療がメジャーの仲間入りをして久しいですが、一度治療すれば楽々一生使える夢の人工歯というわけにはいきません。定期的なメインテナンスをしなければ脱落したり、長年使っているうちに人工歯が磨耗したり、フィクスチャー(人工歯根)やアバット(土台)にヒビが入ったり割れたりと修理が必要になることがあります。

現在、インプラントをお使いの方で「そのインプラントの修理は難しい」といわれてしまった方はいませんか?どうぞご安心ください。当院ではメーカーやバージョンが異なる場合でも、その患者さまの症状やお口の状態に合った修理をおこなっています。

インプラントメインテナンス
 

歯科医師自ら入れ歯をつくる。天然の歯に近い入れ歯

歯科医師自ら入れ歯をつくる。天然の歯に近い入れ歯"入れ歯にも個性が必要"をモットーに、当院では歯科医師松井久芳が診療後に技工室で入れ歯の作成をおこなっています。入れ歯というと真っ白な歯が、まるで模型のようにキレイに並んでいるというイメージがありませんか?顔つきや年齢は違うのに、入れ歯だけはどれも似たり寄ったり。これでは違和感を感じて当たり前です。

当院では解剖学に基づき、入れ歯の完成形を予測しながら印象を採得。その後、装置を用いて、より天然歯に近づけます。

入れ歯治療

治療の流れ

治療の流れ●電話にて予約し、ご来院ください。

1)来院
主訴、患者さまの今すぐに治療してもらいたい部位、自覚症状などをお聞きいたします。特に痛みなど自覚症状なく検査希望でも結構です。
下へ

2)検査
むし歯、歯茎、全身状態などの目視での確認、必要な場合レントゲンでの検査、むし歯、歯茎、骨、顎関節の状態など検査し、現在のお口の健康状態をご説明いたします。
下へ

3)診断
主訴及び検査結果から診断し患者さまに合った治療計画を立てていきます。
下へ

4)治療
検査結果と患者さまのご同意を得た上で治療計画に基づき治療を開始いたします。
下へ

5)治療終了
お口の健康を取り戻した後、定期的に来院しお口の健康を維持しましょう。


2010年4月 « トップへ


コールバック予約