トップへ » 院内ツアー・院内設備 » 歯科医師紹介・経歴 » 入れ歯へのこだわり~その人の顔が思い浮かぶような入れ歯づくり

入れ歯へのこだわり~その人の顔が思い浮かぶような入れ歯づくり

入れ歯へのこだわり~その人の顔が思い浮かぶような入れ歯づくり入れ歯は特殊な物を除いて、ほとんど私が作成しています。

一般的に入れ歯は印象を採得して仮にフィッティングを行って完成、という場合が多いのですが、私は解剖学的形態に基づいた三次元的な測定を行います。

口は食事をしたり、喋ったり、常に動いている状態ですからただ顎の型を採るだけでなく舌の大きさも考えて歯の並ぶ位置を決めなければなりません。

すると「ここを延ばしてやろう、ここはあまり圧迫してはいけない」ということが自ずと見えてきます。自費の入れ歯も保険の入れ歯も、マニアしか使わないといわれているバランサー咬合器を使って作成します。

この咬合器は私が研究を受けた補綴の大家といわれる納富哲夫先生が考案したもので、全調節性咬合器と同じ曲線的な下顎運動を再現することができる優れものです。


トップへ » 院内ツアー・院内設備 » 歯科医師紹介・経歴 » 入れ歯へのこだわり~その人の顔が思い浮かぶような入れ歯づくり


コールバック予約