トップへ » 院内ツアー・院内設備 » 院長紹介・経歴 » インプラントのメインテナンスと修理に力を入れたい

インプラントのメインテナンスと修理に力を入れたい

インプラントのメインテナンスと修理に力を入れたいインプラント治療がメジャーの仲間入りをして久しいですが、一度治療すれば楽々一生使える夢の人工歯というわけにはいきません。定期的なメインテナンスをしなければ脱落したり、長年使っているうちに人工歯が磨耗したり、フィクスチャー(人工歯根)やアバット(土台)にヒビが入ったり割れたりと修理が必要になることがあります。

現在、最先端といわれるインプラントはチタンが主流です。チタンには生体親和性があり、インプラントに最適な素材として使用されていますが10年前は人工サファイアや合金、支台部と板状の骨内埋入部が一体となったブレードタイプなどさまざまな種類のインプラント素材が使用されていました。インプラント治療技術は目まぐるしく進化しています。


トップへ » 院内ツアー・院内設備 » 院長紹介・経歴 » インプラントのメインテナンスと修理に力を入れたい


コールバック予約