トップへ » 当院が選ばれる理由・治療の流れ » 入れ歯治療 » 【院内技工室】元院長自ら入れ歯をつくる

【院内技工室】元院長自ら入れ歯をつくる

元院長自ら入れ歯をつくる患者さんからは大先生(おおせんせい)と呼ばれている、元院長、松井久芳が診療後に技工室で入れ歯の作成をおこなっています。患者さまのお口の状態を把握した上で印象採得から床の作成、上部構造体の配列、仕上げまでを一貫しておこなうことで機能的で見た目が自然な入れ歯が完成します。

破損した場合もスピーディーな対応ができますので修理が終わるまで数日の間、入れ歯が使えない、という心配がありません。
 


トップへ » 当院が選ばれる理由・治療の流れ » 入れ歯治療 » 【院内技工室】元院長自ら入れ歯をつくる


コールバック予約