トップへ » 当院が選ばれる理由・治療の流れ » 入れ歯治療 » 当院で扱う入れ歯の種類とは?

当院で扱う入れ歯の種類とは?

保険の入れ歯保険の入れ歯
義歯床がプラスチックでできています。分厚くなりやすく、しゃべりにくい、外れやすいなど違和感がありますが保険範囲内なので治療費が安いというメリットがあります。部分入れ歯の場合、クラスプと呼ばれる金属のバネを使用するため、残っている歯に負担がかかったり、金属が見えてしまう場合があります。

保険適用外保険適用外
・金属床義歯チタン床
薄くつくれるので違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯です。冷たいもの・温かいものも敏感に感じることができるので美味しく食事ができ、患者さまに合った人工歯を使用するので審美的にも優れています。また、非常に軽く生体親和性に優れ、アレルギーの心配がありません。

・コーヌス義歯
金属で製作しますが、見えないので審美的に優れています。装着感もよく、安定し外れにくい義歯です。バネを使わず、残っている歯に専用の金属の被せ物をして、その上から入れ歯を装着するタイプの部分入れ歯です。クラスプを使わないので残っている歯に負担がかからないというメリットもあります。


トップへ » 当院が選ばれる理由・治療の流れ » 入れ歯治療 » 当院で扱う入れ歯の種類とは?


コールバック予約